お知らせ

2019.05.14
そう君社会化日記☆トイレ☆

さて、そう君が我が家にやってきた1日目の様子。

とにかくオシッコします。

回数が半端ないです(笑)

歩いていて、ん??と靴下に湿り気を感じて確認。

ほんの数滴の水分が付いたので、お水飲んだ時に垂れたのかな?と思ったけど

オシッコでした。

ほんの数滴のオシッコをちょこちょこと何回もします。

 

 

「え?なんのこと??」

 

10分に1回くらいのペースでするもんだから、何か膀胱に問題でもあるのかな?

と心配になりましたが、環境の変化の影響の可能性も高いので様子見です。

 

仔犬を迎えて一番最初に苦労するのがトイレだと思います。

なんせ回数が多いし、ペットショップ出身の子は寝床とトイレが一緒になっている生活をしていた結果、

自分のベッドで排泄をしてしまったり、食糞癖がついていたりする場合も多いですね。

 

私も初めて室内で犬を飼った二十歳の頃、トイレの躾が上手く出来ずに悩んだことがありました。

懐かしい。

 

トイレシーツでオシッコする事は日本では当たり前のように思われていますが、

他のペット先進国を見てみると、トイレシーツはむしろマイナーです。

屋外で排泄させることの方が一般的です。

私も屋外での排泄の方が、教えるのも楽だし犬にとってもストレスが少なくオススメです。

 

トイレシーツを教える場合も、屋外での場合も

まずはお漏らしして当たり前!上手にできたら奇跡!位のつもりで挑むのがオススメです。

だってさ、うちの人間の息子。

先月2歳になりました。トイレ?できませんよ(笑)

オムツ履いて、したい時にお漏らししてるだけ(笑)

 

人間だって2年経ってこれからトイレ覚えるんだよ。

元々、外で自分の気に入った場所に排泄する習性の動物に、家の中に敷いた狭い決められたシーツの上に外さずに排泄するって。

私たちが思っているよりとーっても難しいことです。

 

 

「悪気はないっす。。。」

 

とは言っても、オシッコ拭いてるそばからまたされると「はぁ~」とため息でちゃいますけどね。私も。

 

犬はみんなトイレシーツでしてるから、出来て当たり前!なんて思わずに

ゆっくりやっていきましょう。

 

そのために必要なのが

「環境設定」

です!

躾はゆっくりやっていけば良いし、必要以上の躾はむしろ必要ないと私が考えていますが

「環境設定」は必須です。

そして仔犬を迎えたら直ちに!

というが本当は迎える前にやっておくべきことです。

 

「環境設定」については次のブログで書きたいと思います。

 

 

れみ園長


このページのトップへ